藤沢市市民活動推進センター 藤沢市市民活動プラザむつあい

【3/5(日)】NPOのSDGsとの向き合いかた(マネジメント講座)

NPOにはSDGsで期待された役割があります。
環境省と近いところで意見交換している立場の講師から、SDGsの取組についてのヒントをもらいませんか?

SDGsで注目されている社会課題をスタンフォード大学のデザイン思考より社会課題解決方法のヒントを得ます。また、SDGs達成に向けて期待されるNPOの役割や取り組む意義と可能性を知り、SDGsを共通言語として他セクターとの協力・協働事業を探り、社会の持続性だけではなく、組織の運営や経済的自立につながるように活用されることを学びます。

環境省と一緒にNPOのためのSDGsについての冊子を作成した、一般社団法人環境パートナーシップ会議より講師をお招きし、スタンフォード大学のデザイン思考での課題解決方法なども絡めた「実践重視」の講座です。

また、環境省と近いところで意見交換している立場の方から、SDGsについてお話を聞くことができる機会ですので、ぜひご参加ください。

【実施概要】
日時 : 2023年 3月 5日(日)13:30-15:30
会場 : 藤沢市市民活動推進センター会議室  または オンライン
料金 : 1,000 円
    ※学生および18歳以下は無料
対象 : 公益的な市民活動を行っている団体や個人。市民活動に興味のある方。
定員 : 30名
主催 : 藤沢市市民活動推進センター

【プログラム】
・スタンフォード大学のデザイン思考より社会課題解決方法のヒントを得る
・SDGs達成に向けて期待されるNPOの役割や取り組む意義と可能性を知る
・SDGsを共通言語として他セクターとの協力・協働事業の事例について知る
・社会の持続性だけではなく、組織の運営や経済的自立につながるように活用されることを学ぶ

【配布テキスト】
『SDGsで地域の環境を守ろう~地域で活動するNPOのためのSDGs活用ガイド~』
 発行:地球環境パートナーシッププラザ(環境省が国際連合大学と共同運営)
 (http://www.geoc.jp/activity/international/2664911.html

【講師プロフィール】

江口健介氏

一般社団法人環境パートナーシップ会議 マネージャー
神奈川県横須賀市出身。東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科卒。
大学在学中に国際青年環境NGO A SEED JAPANに所属し、生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)に向けた政策提言等に関わる。大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経て、2013年より現職。環境分野における中間支援組織のスタッフとして、日本全国の環境パートナーシップ形成に携わる。地域活性化伝道師(内閣府登録)

お申込み・お問合せ

メールまたは電話にて次の事項をお知らせください。
氏名、団体名、メールアドレス、電話番号、FAX番号、参加理由、参加方法(オンライン、市民活動推進センター会議室)

▶藤沢市市民活動推進センター
E-mail:f-npoc@shonanfujisawa.com
TEL:0466-54-4510 / 0466-54-4516

▶Peatix
https://npokoza202303.peatix.com

【オンラインでの参加方法】
Zoomで講座を配信します。
お申込み確認後、開催3日前を目安に「参加URL」等を申し込みメールアドレスにお送りします。事前にアプリ(PC・スマートフォン)をダウンロードされることをお勧めします。

【事前サポートを行います】
Zoom未経験の方のために、事前相談も承ります。詳しくはお問い合わせください。
・日程:毎週月曜日 10時~15時
・所要時間:30分程度
・お問い合わせ:TEL 0466-54-4510

#NPO #sdgs #藤沢 #環境パートナーシップ会議 #地球環境パートナーシッププラザ